どうもyukawasaです

川崎裕一です。スマートニュースで広告を考えています。

スティーブ・ジョブズ-偶像復活

スティーブ・ジョブズ-偶像復活

スティーブ・ジョブズ-偶像復活


中々面白かった。

特にジョブズがアップルを追い出されて、ネクストとピクサーを立ち上げ、結婚し、子供ができて劇的に性格が変わっていき、「唯我独尊」から「チームワーク」「社員は家族」と変わっていく様がリアルに書かれていて面白い。

単純なジョブズ信仰ではない。

今のジョブズは彼自身の歴史と共に作られてきたものであることを明快に書いている。具体的にはアップル創業期、全盛期にジョブズが権力を握っていた時代には、子供に認知しない、部下の手柄を横取りする、パートナーであったウォズニアックに非常な仕打ちをしてきたことに代表されるとんでもない奴だったことも書かれている。その後アップルを追い出されて、ネクストとピクサーを立ち上げ、結婚し、子供ができて劇的に性格が変わっていき、「唯我独尊」から「チームワーク」「社員は家族」と変わっていく様がリアルに書かれていて面白い。

またジョブズ復帰後にどのようにしてiPodが生まれ、iTMSが生まれたのか。その過程においてレコード業界とのやりとりでジョブズしかできなかったことはなんだったのかが書かれている。ピクサーを通じてハリウッドと近い場所にいたこと、アップルとピクサーのキャリアにおいてもクリエイティブを非常に重視してきたことがiPodiTMSの成功に如何に重要な要素だったかがよく理解できる。

を理解したい人には文句なくお勧めできます。

オススメの章は

<第3部 未来を編む>
第9章 大立て者
第10章  新境地を開拓する
第11章  iPod、iTunes、故に我あり
第12章  巨人の衝突
第13章  ショータイム

あたりです。