どうもyukawasaです

川崎裕一です。スマートニュースで広告を考えています。

昆虫と悪魔

昆虫―驚異の微小脳 (中公新書)

昆虫―驚異の微小脳 (中公新書)


悪魔のささやき (集英社新書)

悪魔のささやき (集英社新書)

昆虫の方はあまりに微に入りすぎて私のような流し読み派には向かなかった。じっくり夏休みの研究として読むとか昆虫の不思議にどっしり取り組むというタイプには向くと思う。昆虫の複眼の仕組み、飛翔の仕組みなどを詳細に紹介している。

人が魔が差す瞬間。人をあやめたり、大きな事件を働いてしまうその瞬間に一体何が起きるのかを明らかにするという帯で興味を引いた。しかしそれについて具体的に触れられることは無く、最初は魔が差したとする囚人たちの告白を聞き、中盤は作者の戦争体験を語り、後半でちょっとしたまとめにはいるというスタイル。魔が差す瞬間に何が起きるかを理解する、という期待にはあまり応えられていないと思う。

広告を非表示にする